「主婦A子のレシピ」を参考にカルボナーラを作ったら優勝した🍝

自炊

「主婦A子のレシピ」を参考にカルボナーラを作ったら優勝した🍝

私の中で圧倒的な信頼を勝ち取っている主婦A子さん。

「主婦A子のレシピ-トップ」
毎日のごはん作りの参考に。定番の和食はもちろん洋食から中華まで、簡単レシピや時短レシピ、おもてなしにも使える料理など、今日の献立に役立つ「料理研究家 主婦A子」のレシピです。誰もが作れるようになる、おいしいレシピを画像で追いながら詳しく掲載しています。

今回はA子さんのレシピをもとに、
カルボナーラを作ってみたら、優勝することができました。

 

・生クリームがないからカルボナーラは作れないよ
・いつもカルボナーラを作ろうとすると卵がボソボソになる

 

という私みたいな悩みを抱えた人におすすめです。

 

▼参考にしたレシピはこちら

「美味しいカルボナーラのレシピ」
簡単で美味しい、本格カルボナーラのレシピを画像で追いながら詳しく掲載。 失敗しない火加減のコツから、最後まで飽きのこない美味しいソースまで。卵がぼそぼそとしてしまうといった失敗なし。生クリームは使わず全卵で作る、カルボナーラのレシピです。

材料🍳

材料はいたってシンプル!

■材料 1人分
・スパゲティ…100g
・卵…1個
・ベーコン、またはパンチェッタ…30g(スライスベーコンなら2~3枚)
・にんにく(お好みで)…1片
・牛乳…40~50ml
・パルメザンチーズ…大さじ1/2
・白ワイン…大さじ1
・オリーブオイル…大さじ1
・粗挽き胡椒…適量
・塩…適量

引用元:「美味しいカルボナーラのレシピ」

私は白ワインがないので料理酒で代用しました。
また、パルメザンチーズもなかったのでチーズなしで作りました。

完成!!👏

ということで出来上がったのがこちら!!!

我ながら完璧!!!!

とっても美味しかったです!!

感動ポイント😭

にんにくは別皿に移す

今回のレシピで特に感動したのはこの部分👇

■にんにくの香りをオリーブオイルに移す
・フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れる。
・ごく弱火で素揚げにするようにじっくりと炒める。
・にんにくがカリッとしてきたら、オリーブオイルからずらして油を切る。
・スパゲッティを茹で始める。
★フライパンを斜めに置き、オリーブオイルを寄せて素揚げにします。
★にんにくが揚がったら別皿に移します。

引用元:「美味しいカルボナーラのレシピ」

オリーブオイルににんにくの香りが移ったら、
素揚げにして別皿に移す!!!

目から鱗!

自分一人で作っていたら絶対そんなことしない!

完成した後に砕いたにんにくチップスをふりかけたら、
家で作ったとは思えないほどおしゃれな香りが広がって、
いつもの何倍も美味しく食べることができた。

▼余ったベーコンとにんにくチップスは一緒に冷蔵しました。

▼後日それをチーズリゾットに使って美味しくいただきました
(参考:in living.さんに触発されてチーズリゾット作ってみた🧀

カルボナーラをぼそぼそさせないコツ

それからソースの作り方も感動的だった!

卵と牛乳が固まリ始める温度は60~63度。フライパンを加熱すればすぐに届く温度ですが、この温度を境に牛乳は分離を始め、卵は白身が固まってきます。

カルボナーラがぼそぼそとした食感にならないようにするには、ソースを作ったらあとは加熱しないようにすること。スパゲッティとソースを和える際も火を使わないことで、なめらかなソースのカルボナーラに仕上がります。

引用元:「美味しいカルボナーラのレシピ」

ソースを作ったらあとは加熱しない!!!

これもがんばって守りながら作ったら、
ボソボソしない美味しいトロトロソースのまま完成させることができました😭

まとめ

ということで、
今回は主婦A子さんのレシピを元に
カルボナーラを作ってみました!!

主婦A子さんのレシピにはずれなし!!!

ぜひみなさんもA子さんのレシピを参考に作ってみてください!

▼「主婦A子のレシピ」はこちら

「主婦A子のレシピ-トップ」
毎日のごはん作りの参考に。定番の和食はもちろん洋食から中華まで、簡単レシピや時短レシピ、おもてなしにも使える料理など、今日の献立に役立つ「料理研究家 主婦A子」のレシピです。誰もが作れるようになる、おいしいレシピを画像で追いながら詳しく掲載しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
よければツイッターもフォローしてください!

タイトルとURLをコピーしました